網走市水産加工振興会規約


第1章 総  則

(名  称)
 第1条 本会は、網走市水産加工振興会という。

(目  的)
 第2条 本会は、水産加工業の振興のため必要な諸対策について積極的な推進をはかり、もって本市水産加工業の発展に寄与することを目的とする。

(事  業)
 第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
   (1) 水産加工についての調査・研究
   (2) 加工技術の普及指導
   (3) 公害対策
   (4) 労務対策
   (5) その他第2条の目的達成に必要なこと

(事務局)
 第4条 本会の事務局は、網走市役所水産港湾部水産漁港課に置く。


第2章 会  員

(会員の資格)
 第5条 本会の会員は、網走市所在の水産加工業者をもって構成する。

(会  員)
 第6条 本会の会員は会費を納めなければならない。
   2 会費の額は総会において定める。

(加入及び脱退)
 第7条 本会の会員になろうとする時は加入申込書を、脱退しようとする時は脱退届けを提出することにより、本会に加入または脱退する。


第3章 役員・委員会

 第8条 本会に次の役員を置く。
     会 長   1名    副会長  若干名    理 事  若干名     監 事   2名

(役員の職務)
 第9条 会長は、本会を代表し会務を総理する。
   2 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代理する。
   3 理事は、本会の業務執行についての事項を審議する。
   4 監事は、会務の執行を監査する。
   5 前3項に規定する理事の職務のうち、本規約第12条の専門部会の業務についてはこれを除くものとする。

(役員の任期)
 第10条 役員の任期は3年とする。ただし、再任を妨げない。
   2 補欠によって就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
   3 役員の辞任または任期満了となっても、後任者が就任するまでは、その職務を行うものとする。

(顧  問)
 第11条 本会に顧問を置くことができる。
   2 顧問は、総会もしくは役員会の議決を経て、会長が委嘱する。

(専門部会の設置)
 第12条 本会の円滑な事業の推進を図るため、必要に応じ専門部会を置くことができる。
     労務対策部会   加工青年部会   かに部会
   2 部会における業務執行上必要な規定等については、別に部会において定める。


第4章 会  議

(総  会)
 第13条 総会は、通常総会及び臨時総会とし、次の事項は総会の議決を経なければならない。
   (1) 規約の変更
   (2) 会費の額
   (3) 事業計画および収支予算
   (4) 事業報告および収支決算
   (5) その他必要な事項

(役員会)
 第14条 役員会は、会長が必要と認めたとき、会長がこれを召集する。


第5章 経費及び会計

(経  費)
 第15条 本会の経費は会費・委託料・補助金・寄附金の収入をもって当てる。
 第16条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日終る。


第6章 その他

 第17条 この規約に定めるものの他必要な事項は、会長が別に定める。


 附 則 この規約は、昭和41年 6月13日から適用する。
 附 則 この規約は、平成14年 4月 1日から適用する。

Copyright (C) 2009 網走市水産加工振興会